京都一人暮らし家賃格安

駐車場や駐輪場でのトラブルは多い

マンションやアパートには共有スペースがあります。廊下や階段、エレベータ、駐車場、駐輪場などがそれにあたります。なかでも駐車場や駐輪場でのトラブルが、もっとも多いので、少し紹介しましょう。

 

京都,一人暮らし,家賃,賃貸,トラブル

駐車場では、車にキズをつけられてしまったというのがよくあるケースです。車同士のドアがぶつかってしまったり、自転車にひっかけられてキズがついたりと、現場を目撃した人がいないパターンがほとんどです。
そのため、あなたの車がそのような目に合ったとしても、残念ながら不動産屋や大家さんは責任をとってはくれません

 

スポンサードリンク

管理会社は一切責任を負わない

規約にも書いてありますが、駐車場内での事故などについては管理会社は一切責任を負わないのが一般的です。もしも、あなたが不注意でキズを付けてしまったならば、車の所有者に謝罪に行くようにしましょう。
それが共同生活の最低限のルールというものです。

ケガをした場合は、管理会社に相談を!

京都,一人暮らし,家賃,賃貸,トラブル

駐輪場で良くあるケースとしては、自転車やバイクが転倒して、ケガをしたというものです。これについては、規約で定められる範囲で、管理会社が相談にのってくれるので連絡をしてみましょう。
駐輪の方法に問題があったり、駐輪場の構造に不備があったりと、状況に応じて検討をしてくれるはずですから、自分勝手に判断することは避けましょう。管理人室から見えるような場所に駐車場や駐輪場があれば、何かあったときでもすぐに対応してくれるので安心かもしれません。

 

共同住宅では相手の立場に立ってルールやマナーを守りましょう

どのようなトラブルにもいえることですが、規約には予測されるさまざまなケースの、貸し主側の対処の仕方が載っています。
面倒でも必ず目を通し、分からないことは聞くようにしましょう。
共同住宅では相手の立場に立ってルールやマナーを守ることが、自分の快適な生活につながることを理解しましょう。


トラブル対応そのA 駐車場・駐輪場

このページの先頭へ戻る