初期費用を限りなく格安に抑える方法

交渉した方がいいもの・しない方がいいもの

京都,一人暮らし,家賃,賃貸,格安,初期費用

様々な費用から成り立つ初期費用の中には、交渉をすることで金額が抑えられる可能性が高くなるもの値引きしない方がいいもの交渉さえも控えた方がいいものがあります。初期費用を抑えるだけで大いに助かると思いますし、生活のゆとりが違ってきますが、関係がこじれないように慎重にいきましょう。 

スポンサードリンク

初期費用の多くを占める礼金・敷金

最もターゲットにしやすいのは礼金

京都,一人暮らし,家賃,賃貸,格安,初期費用

お部屋を貸してくれたお礼としてあげるお金である礼金は、発生するのが最初だけということもあり、大家さんがそこまで値引きに抵抗がないことが多いです(大家さんによります)。礼金は一般的に家賃の2カ月分を支払いますが、仮に家賃が5万円で、礼金を1か月分(5万円)値引いてもらったとすると、2年間その賃貸物件に住むとして、家賃の総額は120万円。そのまま家賃に換算すると、月々2000円以上も家賃を値引きしてもらったのと同じになるのです。月々の家賃の交渉より、礼金の交渉に応じてくれる方がもちろん可能性は高い。そう考えるととってもお得ですよね。

 

敷金はなるべく値切らない方がよい

京都,一人暮らし,家賃,賃貸,格安,初期費用

敷金はいわゆる保証金なので、払っておけば安心に越したことはない費用です。敷金0の物件にすると、退去時に原状回復費として多額の修繕費を払わなければいけないことも。それでもどうしても初期費用を抑えたければ、敷金・礼金ゼロゼロ物件も多くあるので利用するといいかもしれません。

仲介手数料の交渉はトラブルのもとになることも

仲介手数料への交渉は控えた方がよい

京都,一人暮らし,家賃,賃貸,格安,初期費用

仲介手数料は家賃1カ月分+税が限度と決まっています。不動産会社によりますが、仲介手数料はあまり交渉しない方がいいと言えます。敷金・礼金の交渉は一般的に不動産会社を介して行うものであり、その際仲介手数料が不動産会社の収入になるので、そこは値切らずに味方につけ、手数料ではなく物件価格を交渉した方がスムーズにすすみます。最悪の場合不動産会社との関係がこじれたり、トラブルになることも…。

 

「京都ライフ」なら最初から仲介手数料最初から50%

京都,一人暮らし,家賃,賃貸,格安,初期費用

私が京都一人暮らしの格安家賃アパート探しでお世話になった賃貸不動産会社「京都ライフ」では、期間限定や特定物件だけのキャンペーンなどではなく、「一年中」「どの物件も50%(外税)の仲介手数料だそうです。また敷金・礼金0物件も多く揃っています。いざ引越しとなると保証金・前家賃・保険料といろいろ費用がかかりますが、入居費用が抑えられ、節約した分で新生活に必要な家具や電化製品や今まで欲しかったけど我慢していた服も購入できるでしょう。


京都一人暮らしの初期費用を限りなく格安に抑える

このページの先頭へ戻る