賃貸物件を借りるのに必要な初期費用って何?

賃貸を借りる際にかかる「初期費用」

京都,一人暮らし,家賃,格安,初期費用

初期費用」という言葉、お聞きになったことがあるでしょうか。引っ越し、一人暮らし、アパート探しなどを一度でもしたことがあれば知っているでしょう。賃貸物件を借りる際には、毎月の家賃だけを払っていけばいい、というわけではありません。契約金、いわゆる初期費用が、大体の場合にかかってきます。初期費用とは、毎月決まった額を支払う家賃とは違い、住む物件が決まったときかかる費用です。それは格安家賃の物件の場合も同じです。初期費用には、それぞれ意味と目的があります。少なければいいというわけではありません。そして初期費用は家賃の5〜6倍の金額と言われており、ある程度まとまった金額が必要になるのです。 

スポンサードリンク

初期費用の主な内訳

引っ越し業者代や家具新調代などの個人的な費用を除けば、一般的に初期費用を構成するのはこれらになります。

 

敷金(保証金)

敷金とは、大家さんに預けておく保証金のことを言います。
家賃未払いや修繕・清掃費が発生した際、退去時にその額を差し引いて敷金の残りは返金されます。
敷金0物件だと、退去時に高額なクリーニング代を請求されることもあり、発生した方が方がいい費用だと言われています。

礼金

「大家さん、お部屋を貸してくれてありがとう!」というお礼の費用のことをいいます。
敷金と違い、退去時に戻ってくるお金ではありません。最近では礼金のかからない賃貸物件が増えています。

共益費・管理費

アパート・マンションの共同スペースであるエレベーター・階段・廊下などの維持・管理をするための費用です。
しかし「共益費」として回収せず、既に家賃に含まれている場合も多くあります

家賃

基本的には「前家賃」といって、ひと月前分の家賃を払う仕組みです。
月の途中から入居した場合は日割り計算され、その金額が初期費用の前家賃となります。

保険料

物件によっては、火災保険家財保険地震保険などに加入しなければならない場合もあります。
平均的に年間1万円程かかります。

仲介手数料

物件を紹介してくれた不動産会社・仲介業者に対して支払う手数料です。
大体家賃1か月分の金額になりますが、手数料半額などの割引を行っているの業者も数多くあります。

 

以上を合算すると、大体家賃の5〜6か月分の費用がかかることになります。いかに格安家賃の物件を探すかが重要ということが分かると思います。

初期費用を限りなく格安に抑える方法とは?


賃貸物件を借りるのに必要な初期費用って何?

このページの先頭へ戻る