京都一人暮らし家賃格安

定期借家権という制度

京都,一人暮らし,家賃,賃貸,定期借家権

2000年3月より、「定期借家権」という新しい制度が導入されています。これから賃貸物件を探す人はこの言葉を良く耳にすると思います。
定期借家制度とは「期間限定内の賃貸借契約で、更新ができない」というものです。また普通の賃貸借契約と違って契約期間中に解約できないという点にも特徴があります。
しかし更新については貸し主、借り主の双方の合意があれば可能なケースもあります。解約については転勤や療養など、やむを得ない場合は認められます。いずれにしても契約時の確認が非常に重要になってきますので、慎重に契約を結ぶことが大切でしょう。

スポンサードリンク

契約時の確認は慎重に

 

定期借家権契約を結ぶときには、重要事項説明書や契約書とは別に、定期借家権契約の内容についての説明を書面ですることになっています。

 

京都,一人暮らし,家賃,賃貸,定期借家権

これはあなたに前もって読んでおくようにお願いされたり、契約時に重要な部分については声を出して読みあげてもらったり、かなり慎重に進めていきます。
これは普通の賃貸借契約でもトラブルはつきものですが、定期借家制度ともなると余計分かりにくく、トラブルが起こりやすいためです。

 

 

これだけややこしい制度ですが、どんなメリットがあるのかというと、それはやはり条件付きと言われるだけあって、
相場よりも家賃が安かったり、賃貸物件にはないような分譲並みのハイレベルな設備が整っている場合が多いのです。

 

賃貸物件を探す人には、部屋選びの選択肢が増えたので上手く利用すると良いでしょう。

 

ポイントをまとめます!

定期借家権は更新・解約ができない
家賃が相場より安いなど、嬉しいメリットがある
契約時には慎重に内容を確認する

最近よく聞く定期借家権とは?

このページの先頭へ戻る