京都一人暮らし家賃格安

京都の格安アパートで始める一人暮らし

京都,一人暮らし,家賃,賃貸,格安

他県から大学への進学、転勤などで京都で一人暮らしを行う場合、アパートはその土地での生活の拠点となる場所です。アパートの選び方は人それぞれですが、「なるべく格安のアパートを選びたい」と考える方もいるのではないでしょうか。
京都市内のアパートが持つ特徴を、「家賃」から見ていくことにしましょう。

スポンサードリンク

物件数は多い!

京都,一人暮らし,家賃,賃貸,格安

京都は「学生の街」と呼ばれるだけあり、全国から多くの学生が集まります。そのため、市内にはたくさんの学生向けマンションやアパートが建っています。これらは月2万〜7万円程度の家賃で借りることが可能です。「学生向け」なので多くは学生限定の物件となっていますが、中には社会人でも借りることが可能な物件も存在します。そのため、京都で一人暮らしを行う場合はこの値段を基準に考えるとよいでしょう。

全て満足のいく条件にするのは難しい

京都市内の一人暮らし向けアパートには6〜8畳間が多く、最低限の生活をするスペースは用意されています。これ「だけ」ならば月2万円前後の家賃で借りることが出来ますが、

  • 無線LANの有無
  • 部屋の設備
  • 立地

という3つのポイントを含むかどうかで、実際の家賃は大きく変わります

 

京都,一人暮らし,家賃,賃貸,格安

まず「無線LAN」についてです。京都市内のアパートを大きく分けると、無線LAN設備契約済み物件と、未契約物件の2種類があります。契約済み物件の場合、家賃に約1万円がプラスされます。これは無視できる金額ではないため、物件選びの際は気を付けるようにしましょう。

 

次に「設備」です。風呂・トイレの別、風呂の設備、部屋数などによって、1〜2万円程度の差が生まれます。「設備」を重視して物件を選んだのに結局使わなかったという無駄な契約にならないよう、設備を使うのかよく考えて物件を選ぶようにしましょう。

 

最後に「立地」ですが、京都市の中心部やJRの駅付近に住む場合、やはり家賃は高めになります。また学生の場合、大学近くの物件を探そうとする人も多いと思います。立命館大や京都府立大は市の離れにあるためそこまで気にしなくてもよいのですが、同志社大や京都大は繁華街が近いため、この条件がネックになることもあります。

 

これらを踏まえたうえで、みなさんに合った京都の暮らしをぜひ見つけていってください。


京都の格安家賃アパートを見つけるには

このページの先頭へ戻る