京都一人暮らし家賃格安

「○○可」物件の落とし穴

部屋を探すときに、良く目にするのが「○○可」という表現です。これはその目的に合致した人にとっては嬉しいことですが、その目的に賛同できない人は悲しくもなるので、注意してください。

例えば次のような条件が代表的なところです。

京都,一人暮らし,家賃,賃貸,格安

  • ピアノ可
  • 楽器可
  • ペット可
  • 友人同士可
  • 子供可

 

文字どおり、その条件が許可されているということなのですが、実際は残念ながら、トラブルの原因ともなり得ることが多いのです。

 

京都,一人暮らし,家賃,賃貸,格安

というのも「ピアノ可=何時でも好きなだけ弾いてもよい」と解釈してしまうマナー違反の人や、若いバンドマンが「楽器可」という物件に住んでいる唯一のメンバーの部屋に集まって演奏していた、といったことがあるのです。あなたが部屋を探すときに「○○可」という表記があったら、このような予想を立ててみることが、大事になってくるかもしれません。

 

しかし、逆にその条件を求めて入居したならば、最低限のマナーを守って生活することが、快適な生活につながることでしょう。

 

ポイントをまとめます!

「○○可」物件に要注意
静かな部屋を望むなら、「○○可」は不要
「○○可」でも最低限のマナーを守る

スポンサードリンク


「○○可」の意味について

このページの先頭へ戻る